コメント

  1. 易の立て方についての質問です。
    YES or NOが知りたいときにはどういう風に質問を立てればいいのでしょうか?

    例えば「明日は雨になるか否か」ということが知りたかったとして、
    「雨になる」で立てて
    「雨にならない」で立てて
    その二つを比べるのか

    「明日は雨ですか?」で立てて
    でた卦を解釈すればいいのか。

    どうなんでしょうか?始めたばかりです卦の解釈が難しいし色んな意味があるようで混乱気味ですが、日々易の奥深さに感銘をうけております。

    どなたか詳しい方、よろしくお願いします。

    • 趣味程度の解釈なので、ご参考程度に。
      易は人の行動する結果を観るために用いていますので、気象など自然の摂理を見通すのには向いてないと考えています。
      「雨なのか」という詰問は気象予報士に任せておきましょう。
      易を点てるなら「雨が降った場合どういった行動をすれば良い」のかを焦点に当てると占いやすくなると思います。

      お尋ねの「YES or NOが知りたいとき」の様に二択を迫る場合でも「YESを選択したらどうなる」(逆がNO)という様な読み方で行動を決める指針になるでしょうね。

  2. […] ※ここには卦に関する内容を投稿してください。易全般に関する投稿はこちら、質問・相談はこちら。 […]

  3. 易の立て方の疑問です。

    わたしに権利が有るが相手が所持するお金をわたしの口座に振り込む様に要請しました。

    自分のことの占いは当たりにくいと聞くので、あえて相手目線の占いにすべく、
    「相手がこの要請をどの様に見ているのか?」を占って、風雷益の三爻老陰、上爻老陽を得ました。

    この卦意は相手の運気でしょうか?それとも相手から見えるわたしの運気でしょうか?

    そもそもは、単純に「わたしは相手からどの様に見られているか?」とお伺いを立てる方が良かったのかなと思う次第です。

    どなたか教えて頂けないでしょうか?

    • 4にコメントを書かせていただきました。ご参考程度にはなるかと思います。

  4. 名のとおり趣味の域を出ないのでご参考程度でお願いします。

    どういった人間関係やお金かは存じませんが、相手からすると権利がない(自由にできない)お金を持っているよりも元鞘に収めたほうが安心する(益がある)といったように読めます。
    之卦が水火既成ですから、相手側としては借金が無くなるという状況に近いのではないでしょうか。
    本卦の互卦は山地剥となるので相手は内心手元に置いてあるお金がなくなることに不安を感じ、振り込みを渋るかもしれません。結果的には相手の益になる事を見極め、それを話し伝えたほうがスムーズに事が進むかと思います。
    (なぜ今の時期か、等)
    但し、あなた側視線の賓卦が山澤損なので、結果的にこのお金が口座へ振り込まれると財産分与などの金額が変わるなど苦労を背負い込むかもしれませんね。

    一方が減れば一方が増す。誠に卦というのは良く出来ていますね。

  5. 失礼します ご無沙汰しています憩太です
    ちょっと改善点聞いて下さいよ
    -手動入力の目は すべて最初から小陽 にして欲しいです
    -その目を打つ枠を もうちょっと大きくして欲しいです(小陽打つつもりが 小陰になったりしてします

     質問としては 最新のようなiPhoneが買えた場合 アンドロイド用のと違いはありますか?

    お返事いつでもオッケーです